8/5から8/15まで奈良公園一帯で行われる古都奈良の夏の風物詩です。
今年で6回目を迎えるこのイベントはボランティア中心で運営され、6会場に
一万を超えるろうそくの灯りで幻想的な素晴らしい空間を作り出します。
 「燈花」とは、灯心の先に出来る花の形のかたまりのことだそうで、これが
出来ると縁起が良いと言われています。
 今年も11日間だけ、古都の長い歴史の中にろうそくの花が咲きました。
月灯りのエリア(奈良国立博物館)
舟灯りのエリア(浮見堂と鷺池)
  なら燈花会(とうかえ)
(&ライトアッププロムナードなら2004)
午後6時過ぎ、猿沢池の周りには多くの人が・・・
だんだんと暗くなってきました。
猿沢池から興福寺五重塔に至る52段を照らす灯り
興福寺五重塔(国宝) 
730年光明皇后により創建。何度も火災で
焼け、現在の塔は1426年再建されたもの。
高さ50.8m
宝物殿前の灯り
午後7時、池の周りのろうそくに点火。池の中にホタルを
イメージした光ファイバーが光っているそうです。
竹かごの灯りが古都にピッタリ!
シカも見物です。
奈良国立博物館・本館  
1895年開設された日本で2番目の博物館。フレンチ・ルネッサンス
様式の建物とか、貫禄があります。新館では秋に「正倉院展」が
催されます。
シカちゃん、こんばんは!
浮見堂
鷺池に浮かぶ桧皮葺・六角形のお堂。1996年春、新しく
建て直されました。
円窓亭(まるまどてい) 
奈良公園の鷺池の北側にある宝形造り・萱葺きの板蔵。
丸い窓が珍しく、周囲には梅の木が多いです。
満天のエリア(浮雲園地)
灯りの花が素晴らしい満天のエリア。後方は新公会堂。
憩いのエリア(春日野園地)
仏教美術資料研究センター(重文)  
イスラム様式の装飾を取り入れた明治時代の
建物。上手く古都に調和しています。
東大寺鏡池周辺
ユカタ姿のお嬢さんも多い!来年は私も・・・
東大寺南大門(国宝)
阿形像と吽形像の金剛力士像(国宝)
鎌倉時代の大仏師運慶・快慶らの作。
竹筒の灯り
吽形像(うんぎょうぞう)
阿形像(あぎょうぞう)
★あうんの呼吸★
盧舎那大仏像(るしゃなだいぶつぞう・国宝)
752年開眼法要、その後何度も損傷して
その都度修理されています。優しいお顔
が大好き!
鏡池の東大寺アートプロジェクト「実忠の三つの不思議な花」
ちょっと違和感があると思ったのは、私だけかな?
燈花茶を飲んだり、音楽を聴いてくつろぐ広場。
大仏殿の屋根がきれいです。
 今年初めて「なら燈花会」に行きました。年々充実し、多くのかたが
来られるようになったそうです。奈良らしいイベントで、ボランティアの
かたがたには本当に頭が下がります。マナーを守り、又来年も素晴ら
しい夜を楽しみたいと思いました。
 夜の撮影で、しかも大勢の人出で危険な為三脚が使えず、この程度
の写真しか撮れなかったのですが、来年はもう少しウデを上げたいと
思います。                        (2004.8.17)    
人が多く、三脚禁止でこんな写真に・・・
竹かごの灯りに誘われて辿りついたところが浅茅が原。「ほのあかりライブ」と称して、奈良らしいミニライブも行われます。
竹かごの灯り