飛鳥路の秋(2005.9.22)
☆石舞台古墳
☆案山子ロード(スライドショー)
☆稲渕の棚田
BACK
 石舞台古墳は横穴式石室を持つ方形墳。花崗岩30数個
総重量2300トンの巨石を使って、7世紀の初め頃造られた
と推定されている。蘇我馬子の墓といわれているが、定か
ではない。
 石舞台という名前の由来は、この石の上で狐が女に化けて
舞いを舞ったということから、村人がそう呼ぶようになったとか、
旅芸人が大石を舞台にみたてて演じたことから呼ばれるよう
になったといわれる。
周辺には赤・白の彼岸花が咲いている。
石舞台羨道
石舞台玄室内部
 「奥飛鳥」と呼ばれる明日香村の稲渕地区は「日本の棚田百選」にも選ばれており
毎年秋の彼岸の頃は、色付き始めた田の黄緑の中の彼岸花の赤い帯が美しい。
今年は残暑が厳しく例年より彼岸花の開花が遅れたとか、スケッチしたり、カメラを
向けたりする人の姿が多く見られた。私もその一人(^-^)
 美しい棚田のある光景を守ろうと96年に始まった
「棚田ルネッサンス運動」がきっかけで、毎年趣向を
凝らしたかかしがお目見えする。
 9月17〜19日に明日香村で開かれた彼岸花祭りの
イベントの一つとして行われた 「かかしコンテスト」
今年のテーマは「思い出」とか、棚田のオーナーに
なっている村外の人達が色んなかかしを作り、棚田
のあぜに立てられた。
 いずれも見事なかかしで、雨・風にさらされるのが
もったいない・・・と感じたのは私だけかな?
 歴史が古い飛鳥地方、元々奈良県高市郡明日香村一帯をいうそうですが、今では
飛鳥川の流域から大和三山に囲まれた地域を広くさすそうです(飛鳥路全集より)。
 秋の一日、日本のふるさと「飛鳥路」を訪れました。            
あすか