奈良・佐保路の春 (2006.4.9)
☆海龍王寺
BACK
 不退寺(ふたいじ)は平城天皇が余生を送った萱の御所に孫の在原業平が847年、祖父と父の
菩提を弔うために自ら聖観音像を作って本尊として安置し、寺にしたと伝えられている。
 「伊勢物語」のモデルで平安j時代きっての美男子ゆかりの寺には、蝶が舞うようなレンギョウの
花がよく似合う。
石棺
ウワナベ古墳南側の平塚古墳(現在国道24号線バイパス)から
発掘された。
本堂(重文)
なだらかな本瓦葺の屋根と細かい格子の蔀戸(しとみど)が美しい。
菱形に組まれた格子戸は業平格子と呼ばれる。
南門(重文
鎌倉末期の建築で、身柱の上に板蟇股(かえるまた)を載せ、
豪壮で装飾的である。
池の周りにはレンギョウ・カキツバタ・ツバキなどの花が咲き、
四季それぞれに華やいでいる。
☆不退寺
☆唐古・鍵遺跡の楼閣
 唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡は奈良盆地のほぼ中央の磯城郡(しきぐん)田原本(たわらもと)町に
ある弥生時代(BC3C〜AD3C)の集落遺跡。昭和52年以降継続的な調査が行われ、遺跡範囲が
30haの巨大環濠集落であることが判明した。集落内部で石器・木器の生産や青銅器の鋳造も行
い、物資の流通の中心となっていた。また、岡山から静岡までの広い地域の人々と交流していた。
唐古・鍵遺跡 (2006.4.9)
 平成3年秋、楼閣の描かれた土器が出土した。この
土器は弥生時代中期(AD1C)のもので、この土器に
描かれていた絵をもとに復元された。茅葺き屋根、藤
蔓製の棟飾り、突上げ窓、一枚板製の扉、刻み梯子
などで高さ12.5mで復元されている。
 宗教的な建物とみられ、卑弥呼の住む邪馬台国にも
このような楼閣がそびえていたことが、魏志倭人伝に
記されている。
唐古池の周囲の桜が満開!遠方には若草山が
見える(
この日は黄砂で見えなかった
 法華寺の東北隅にあり、古くは隅院、隅寺と呼ばれた海龍王寺(かいりゅうおうじ)は、731年に
光明皇后の御願で建立された。土塀に沿って細い道を入ると、正面に西金堂(重文)があって
この中には奈良時代の高さ約4メートルの五重小塔(国宝)が安置されている。本堂の本尊の
十一面観世音菩薩立像(重文)は神秘的な雰囲気を漂わせている。
山門のユキヤナギも満開!
本堂(江戸時代・市文
秘仏十一面観音も春の公開中で、きれいなお顔を拝見した。
本堂前のユキヤナギ。古い寺にも春が・・・
桜も満開♪
西金堂(重文)
奈良時代の建物で、この中には奈良時代の五重小塔(国宝)が
安置されている。
五重小塔(国宝)
赤い色で薬師寺東塔に類似している。
桜のむこうに古代のロマンが感じられる。
トリの姿も見える楼閣
★ 説明には唐古池の辺に立つ説明文を参考にしました。
弥生人ってこんな顔?(唐古池の辺に
立てられていた写真より)
ヒオドシチョウも花見に・・・
又兵衛桜(本郷滝桜)(2006.4.13)
 奈良県宇陀市大宇陀区は奈良県北東部、大和高原とよばれる高原地帯にあり、歴史の古い
町である。伊勢の海の幸、吉野の山の幸を都に運び、栄えた。万葉の時代は阿騎野(
あきの)と
呼ばれ、柿本人麻呂が詠んだ“かぎろい”が有名。
 大坂冬・夏の陣で活躍した後藤又兵衛がこの地に落ちのび、出家して一生を終えたという伝
説が残っている。後藤家の屋敷跡に立つ枝垂桜は「又兵衛桜」と呼ばれ、樹齢300年、幹周約
3m、高さ約13mの見事な滝桜である。本郷地区にあるので「本郷の滝桜」ともいわれる。
木々の緑・桃の紅・菜の花の黄そして桜のピンク色の取り合わせが
見事だが、雨が降ってもやがかかって残念!
仏隆寺の桜 (2006.4.20)
 奈良県宇陀市榛原区赤埴の仏隆寺は、室生寺の南門に位置し、極寺と末寺の関係にある。
850年、空海の高弟・堅恵(けんね)により創建されたと伝えられ、大和茶の発祥地でもある。
周囲の自然に上手く調和した石段脇に樹齢約900年と言われる桜が立っている。この桜は
ヤマザクラとエドヒガンの交配種・モチヅキザクラの一種で、幹の周囲は約8m、高さ約16m
で、県の天然記念物に指定されている。
900年もの間歴史を眺めてきた老樹を見上げると
色んなことを語りかけてくれているような気がする。
石段の両側には、秋、ヒガンバナが咲き続く。
900年を生き抜いた幹