私が生まれたのは、大和三山(香具山・耳成山・畝傍山)、三輪山を見渡せる奈良県の
ほぼ中央に位置する所で、近くには弥生時代の唐古・鍵遺跡、天照大神が天の岩戸に
こもった時に使われた鏡を造ったといわれる鏡作神社があり、祖母からササユリの伝説を
聴きながら育ちました。小学生の頃、写生会などでよく三輪・大神(おおみわ)神社を訪れ
その時見たきれいなユリがササユリとの初めての出会いです。


 
三輪山の麓の狭井川のほとりにはササユリが一面に咲き誇り、七人の乙女をお供にして
散歩していた後の皇后媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)を、神武天皇
が見初めたという日本最古のロマンスが「古事記」に残っているそうです。可憐なササユリ
がいにしえの愛の仲立ちをしたという伝説です。このようなロマンチックな百合伝説に関係
あるササユリだから、より心ひかれるのかもしれません。


 
 ★6〜7月に咲く。
  ★葉のカタチが笹ににているので、ササユリという。
  ★ユリ科の多年草で、別名は「小百合」。
  ★日本の本州中部以西・四国・九州に分布。
  ★斜め下向きに咲き淡紅色で、ほのかな香りがある。
  ★薬草として使われた。
ササユリ
BACK
 2年ぶりのササユリの制作です。2年前は母が球根から育ててくれたもので、花は
咲きましたが、小さい花でした。
 今回は自生している花を観察して制作。葉が笹にそっくりで葉脈が大変でしたが、
愛らしいササユリを少しでも感じていただければ・・・      (2004.6.28)
奈良・率川神社の三枝祭