2007年 節分
 今年の節分は期するところがあって、南都七大寺のうち、日本仏教最初の
伝統を誇る元興寺での特別祈願をお願いし、節分会大護摩供法要に行って
きました。少し早い目に出かけましたが、既に護摩壇木の周囲はアマチュア
カメラマンが取り囲んでいました。
 本堂での霊験あらたかな不動明王像を供養する法要の後、山伏の行列や
剣術の奉納などが続き、山伏による破魔矢が天に向かって放たれ、その後
に檜の葉で囲まれた護摩壇木に火が点けられ、護摩供養が始まります。本
堂前はものすごい白煙と炎が上がります。ある程度燃え尽きると裸足で渡る
「火渡り」の行、そして豆まきが行われます。我家は主人が火渡りに参加しま
した。
 元興寺には、昔から元興神(がごぜ)という鬼が住みつき、邪気を払うという
伝説があるため、「福は内、鬼も内」のかけ声で豆を蒔いていました。
☆スライドショー
☆元興寺の節分会
日本最初の瓦で葺かれた本堂・禅室の屋根(行基葺き)
BACK