2007 夏の思い出
☆なら燈花会
 異常な猛暑の今年の夏、我家ではいままで病気らしい病気をしたことが無い夫が、頸椎の
手術で約40日間の入院生活を経験しました。中学生からバスケットボールを始め、社会人に
なってからも体を鍛え、風邪はよく引くものの、病気とは無縁だったこともあって心配しました
が、いいドクターとの出会いもあり、無事社会復帰しました。今年の奈良燈花会、信州旅行は
諦めていましたが、順調な回復でどちらも家族で楽しむことが出来ました。
 暑かった夏もそろそろ影を潜めた今、夏の思い出としてまとめることにしました。
 なら燈花会(とうかえ)は8/5から8/14まで奈良公園一帯で行われる古都奈良の夏の風物詩です。ボランティア中心で運営され、7つの
会場に2万を超えるろうそくの灯りの花が咲き、幻想的で素晴らしい空間を作り出します。 「燈花」とは、灯心の先に出来る花の形のかた
まりで、これが出来ると縁起が良いと言われています。いろんな思いを込めて、ろうそくに火を点してきました。   (8/9〜8/10)
スライドショー
☆信州旅行
 何度となく行った信州旅行ですが、今年は初めて87歳の母と息子が一緒の旅になりました。奈良から車で出かけた私たちトリオに
東京からあずさ号で来た息子が松本駅で合流、3代にわたる信濃路の旅行となりました。 (8/20〜8/23)
スライドショー
BACK