信 州
ニッコウキスゲが満開!
(2009.7.22〜26)
☆原村〜麦草峠〜軽井沢(7/22)
BACK
                  2009年7月22日、日本の一部の地域では46年ぶりとなる皆既日食が観察されました。
       残念ながら私が住む奈良では曇り空、しかもこの日は信州方面への出発日で、途中どこかで部分日食が観られるかもしれない
       という期待を持って出発しましたが、道中は曇り空で暗いのか日食で暗いのか分からず、テレビできれいな日食を楽しみました。
         初日は自宅から宿泊所の軽井沢までのドライブです。途中 中央道の諏訪南インターで降りて、蝶採集でよく来た原村へ。
            その後メルヘン街道(国道299号)で麦草峠を通り、佐久市内から宿泊マンションのある軽井沢に向かいました。
         3日目に東京から息子一家が合流、ニッコウキスゲや鬼押出し園、軽井沢・おもちゃ王国、7月11日にオープンしたばかりの
         ハルニレテラスなどを楽しみました。蒸し暑い関西に比べ、約1000mの高さの軽井沢は気温も22℃前後で別天地でした。
     帰路は初めてETC割引制度を利用しました。往きは1万円近くかかった通行料金が1500円余りで、初めて得した気分を味わいました(^^♪
☆ニッコウキスゲ7/23,7/25)
                 ニッコウキスゲはユリ科の多年草でラッパ状で花びらは6枚、一日でしぼむ一日花です。
          栃木県日光の戦場ケ原や長野県の霧ヶ峰、群馬県の尾瀬ヶ原などが自生地として有名で、戦場ケ原を中禅寺湖の庭に
                     見立てたことから「禅庭花(ぜんていか)」が正式の名前だそうです。
         霧が峰・車山高原では7から8月にかけて咲き、満開のころは高原が山吹色の絨毯のようで見事です。 が、霧ヶ峰の名前通り
        あっと言う間に霧が広がったり、雨が降ったりします。私が行った時も霧のため、八ヶ岳や南アルプスなどの素晴らしいパノラマは
        楽しめませんでした。息子たちと行った日は到着と同時に雨が降り、しばらく小屋で休憩、そのあとはまた日が照ったりと、忙しい
        変わりよう。そんな中 車山肩付近のニッコウキスゲは満開で、10年ぶりに見事なニッコウキスゲ2度も楽しむことが出来ました。
          反対側の駐車場でトウモロコシやジャガイモを売っておられた茅野市の名物おじさん「前島さん」はとても愉快なかたで
                       前島さんの焼きとうもろこしはとっても甘く、美味しかったです(*^-^*)
           原村は子供が中学生から大学生まで、蝶採集に年2〜3回は来た所で、今でも年1回は訪れます。
   八ヶ岳中央高原の八ヶ岳自然文化園には、ネットでお知り合いになった「とんちの写真館」さんの素晴らしい山野草の写真が
  展示されていました。八ヶ岳を眺めながらメルヘン街道(国道299号)を通り麦草峠へ。夕方で気温は13℃、麦草ヒュッテで飲んだ
  熱いコケモモジュースが美味しかったです。庭にはまだヒマラヤの青いケシが咲き残っていました。大阪花博以来の出会いでした。
   知人からお借りしたリゾートマンションがある中軽井沢に着いたのはもう午後8時前、奈良市内から約11時間のドライブでした。
☆鬼押出し園&おもちゃ王国(7/24)
       浅間山(2568m)の麓にある「鬼押出し園」(上信越高原国立公園)は1783年浅間山大噴火の溶岩の名残りです。
   火口で鬼があばれて岩を押出したという噴火の印象から由来しているそうです。遊歩道からは溶岩の奇観が広がり、中心にある
         「浅間山観音堂」には、大噴火で犠牲になった人達の霊を供養する観音様が祭られています。 
      「鬼押出し園」をさらに北に向かうと軽井沢おもちゃ王国です。小学校にあがる前の幼児には楽しい遊園地です。
         「ハルニレテラス」は星野リゾートが新しくオープンさせたレストランや雑貨店などを集めたモールです。
      こじんまりとしていますが、湯川沿いにセンスの良いレストランや雑貨店などが、木で作ったフロアに並び
                   緑と清流を感じながら、寛ぎの時間を過ごせる空間です。