曽爾高原のススキ
           曽爾村は奈良県の東の端に位置し、古事記にも名前が残る人口2500人弱の小さな村です。
         曽爾高原は標高851mの亀山の山麓の草原で、毎年春に山焼きが行われ、秋にはどこまでも続く
        見事なススキ野原を見ることが出来ます。11月ともなると、勢いのあったススキも穂が垂れて白色に
             変わり、亀山の麓は光の向きで金色にも銀色にも見えて素晴らしい光景です。
            又、曽爾高原周辺の鎧岳(839.9m)、兜岳(920m)、屏風岩(一ノ峰、936m)は
            室生火山群の噴出によって出来た独特の景観で、四季それぞれに美しい表情を
              楽しむことが出来ます。この三山は曽爾三山(天然記念物)と呼ばれます。
            ところが11月の新聞に「曽爾高原のススキの踏み荒らし」の記事が掲載されました。
     より絶景を求め、遊歩道以外に観光客らが頻繁に立ち入るルートは、地面が固められてススキが生えなくなり
    道のようになり、もう元にはもどらないそうです。航空写真を見ると、被害の規模は想像以上に大きく、一面の緑が
 「割れてひびだらけ」に見えたとか、本当に悲しいことです。実際私が行った時も、ススキの中に入っていく人影が見えました。
                マナーを守っていつまでも美しい自然の財産を残してほしいと願います。
               もうススキのシーズンも終わる頃、傷痕が癒されることを願って・・・(2008.11.5)
☆スライドショー
BACK