スイセン
 ヒガンバナ科の多年草。地中海沿岸原産でシルクロードを通って中国に渡り、中国で
珍重され、日本には室町時代にもたらされたといわれています。日本の暖地海岸にも
自生し、「雪中花」とも呼ばれます。越前海岸、房総半島、淡路島は三大群生地として
知られています。
 ギリシア神話では、美少年ナルキッソスが水面に映る自分の姿に見とれて、そのまま
花になってしまったのがスイセンだと言われています。
 スイセンは球根にアルカイドを含んでいる有毒植物の一種ですが、薬用にも利用され
又 花に含まれる成分は香料としても利用されています。花言葉は「自己愛」「自尊心」
「うぬぼれ」「尊敬」など。

BACK
 
 スイセンはお正月用の花としてもよく用いられます。去年の秋から作り始めましたが、母の
急病で間に合わず、やっと春の足音と共に完成しました。スイセンは母も主人も大好きな花
です。20年前に訪れた淡路島の水仙郷を思い出します。

 今回のスイセンは日本的な優しい感じを出すために、着色を水彩画風にして、ニスを控え
ました。                                          (2005.2.10)
灘黒岩水仙郷(淡路島)