<"323" border="0">
お松明へ
お水取りが行われる二月堂(江戸時代・重文)
下に良弁杉(ろうべんすぎ)・興成(こうじょう)神社がある。
(二月堂は2005年10月に国宝に指定)
二月堂の下での作業
鬼子母神前での作業。手前はザクロの木
京田辺市などから送られた松明の竹。一本ずつ寄進者の
住所・名前・祈願・年令などが墨で書かれている。
根はバランスを保つ為、付いたまま。
出来上がったお松明。通常は長さ6m・重さ40kg、12日に使う
籠松明は長さ8m・重さ80kgにもなる。
閼伽井屋(あかいや)(鎌倉時代・重文)
中には井戸(若狭井又は閼伽井)があり、3月12日の深夜から
13日の未明にかけて、十一面観音に供える香水(こうずい)が
汲み上げられる。
シカちゃん、何してるの?
練行衆の休憩所(?)桶に「修二」の字が・・・
練行衆が生活するところ。井戸がある。
毎日夜になるとにぎやかだなぁ!
きれいに咲き出した馬酔木
スギ花粉もいっぱい!
松明は竹だけでなく、藤づる・檜・杉葉・松・ジン(松の根)
などが必要で、各地の講社から寄進される。