2009 お水取り
                      東大寺二月堂で行われる仏教行事で、正式には修二会(しゅにえ)と言う。
                 行事は2月20日から月末までの「前行」と、3月1日から14日までの「本行」とからなる。
       若狭井(わかさい)と呼ばれる井戸から水を汲んで、二月堂の本尊にお供えする行事があることから「お水取り」とも呼ばれる。
    行事のうち、火の粉が舞い散る豪快なお松明は迫力があるが、修二会の本来の目的は、
水を汲むことや火の粉を散らすことではなく
    心身を清めた練行衆(れんぎょうしゅう)が十一面観音の前で荒行によって仏に懺悔し、五穀豊穣や天下安泰を祈願することである。
               二月堂の内陣には、奈良時代に造られたといわれる大小二体の十一面観音像が安置されている。
           “" width="500" height="375" border="0">
☆おたいまつ
☆籠たいまつ
☆糊こぼし(良弁椿)
 お水取りの行事が始まってもう8日目、いいお天気なので昼間の二月堂周辺を
散歩、まだ夜の行事には時間があるにもかかわらず、多くの人たちで賑わっていた。
二月堂(国宝)
古都に春を呼ぶ伝統行事お水取りの舞台として有名。二月堂は東大寺を開いた良弁僧正の弟子実忠和尚が建てたとされている。
人間の過ちを悔い改めて平和を祈るお水取りが、旧暦の2月に開かれることから「二月堂」という名前が付いた。一度お水取り中に
火災で全焼したが、1669年に再建したのが現在の二月堂で、舞台造りで江戸時代前期の建築の中でも高く評価されている。
興成(こうじょう)神社
東大寺内八興社の一社で、お水取りには練行衆は興成・飯道(いいみち)・遠敷(おにう)の
三社に参拝する。
閼伽井屋(あかいや)(重文)
3月13日の未明、咒師(しゅし)以下の練行衆が南石段を下りて閼伽井屋(あかいや)に入り、この中で若水を汲む。
練行衆の食事・茶粥を運ぶ。
お松明を持って駆け上がる北石段
8日目となり、少なくなってきた竹。持った時、バランスを保つために根が付いている。
8日の夜に使うおたいまつ
修二会といえばお松明が有名だが、これは二月堂へ練行衆が上堂する時の足明かりとして使用された。
元は片手でかざす小さな松明だったものが、だんだんと大きくなり、現在見るような形になったとか、その
燃えかすを魔よけとして持ち変える風習も盛んである。毎晩7時より10本上がるが、12日と14日は異なる。
東大寺二月堂の修二会(お水取り)では12日夜、本行中に毎夜ともされる松明の中で、ひときわ大きい
籠松明が登場。行に向かう練行衆の足元を照らす為、先導役の童子(どうじ)に担がれた松明が二月堂
の舞台へ。童子が揺すると火の粉が夜空に舞い、境内を埋めた約3万余りの参拝者を魅了した(2009)
籠たいまつ
根付きの青竹の先端にマツの割り木を打ち込んでスギの葉を詰め、サワラの薄い板を付けて花のように仕上げる。
全長約7か〜8m、重さ60〜80sとか、写真は練行衆の世話役の童子(どうじ)によって8日の午前中に作られたもの。
東大寺二月堂の南西にある開山堂(国宝)には良弁僧正をおまつりしているが、その庭は非公開となっている。
この庭には「糊こぼし」という紅に白色が混じる名椿があり、隣りの三昧堂(四月堂)の縁側から塀越し見られる。
「お水取り」に先立って、練行衆は行に使う造花の椿を作るが、誤って紙の上に糊をこぼしてしまい、糊の斑点に
庭の椿が似ていたことから名づけられたとか、縁側に椿を置いて下さっていて、見ることが出来るのは嬉しい。
おたいまつ・1
井戸水
練行衆の生活の場
二月堂への裏参道で・・・
三昧堂の縁側に置かれた糊こぼし
今年は開花が遅いかな?
お水取りの時期だけ作られる和菓子。上品で美味しいがちょっと高価
糊こぼしにちなんだ土鈴