古都・奈良のあかり
なら燈花会&東大寺万燈供養会&大文字送り火
★「なら燈花会(とうかえ)」は8/5から8/14まで奈良公園一帯で行われる 古都奈良の夏の風物詩です。
 ボランティア中心で運営され、9つの会場に2万を超えるろうそくの灯りの花が咲き、幻想的で素晴らしい
 空間を作り出します。 「燈花」とは灯心の先に出来る花の形のかたまりで、これが出来ると縁起が良い
 と言われています。

★東大寺大仏殿では昭和60年から毎年8/15の夜、祖先の霊を慰めようと、大仏様に約2500基の灯籠を
 お供えして、「万燈供養会(まんとうくようえ)」が営まれています。この日は 午後7時から午後10時まで
 大仏殿の中門が開かれ、無料拝観出来ます。又大仏殿の観相窓が開かれ、大仏様のお顔を拝めます。


★「奈良大文字送り火」は戦没者を追悼し世界平和を祈るための行事として、毎年終戦記念日に、奈良市
 東部の高円山で行われ、午後8時、松で組んだ108の火床に点火されます。「大」の字の大きさは日本で
 最大級の大きさです。
BACK
★ なら燈花会、東大寺万燈供養会では、三脚使用が禁止となっています。
  柱にぴったりとくっついたり、手持ちでの写真で、苦手の夜景がより見にくい
  画像となってしまいましたm(_ _)m