大阪・造幣局の通り抜け (2006.4.14)

BACK
 26年ぶりに大阪・天満橋にある造幣局の
通り抜けに行きました。造幣局の南門から
北門までの、約560mに桜並木が続いてい
ますが、今年は4月12日から18日までの
7日間一般公開されました。
 戦争などで桜が焼失したこともあったらし
いですが、戦後再開され、現在約120品種
約370本の桜があるそうです。毎年独自に
「今年の桜」として一種だけを選び、この花
をデザインした貨幣セットが販売されていた
のはいかにも造幣局らしいです(^○^)
今年の花は「おおてまり」でした。
 大阪だけでなく関西の春を締めくくる行事
として、広く知られています。 
ユリカモメも見物・・・(大川)
今年選ばれた桜大手毬(おおてまり)
(マウスポインタを置くと、別の大手毬が表示されます)
大手毬とよく似た手毬のような紅手毬(べにてまり)
緑色が珍しい御衣黄(ぎょいこう)
上野動物園のパンダ蘭蘭の死を悼んで
命名された蘭蘭(らんらん)。
淡黄緑色の鬱金(うこん)
(マウスポインタを置くと、別の鬱金が表示されます)
昔、奈良にあった名花で、中国の美女楊貴妃(ようきひ)の
名が付いた。
華やかな雨情枝垂(うじょうしだれ)
京都・洛北市原にあり、咲き方が虎の尾に似ている
市原虎の尾(いちはらとらのお)タイガースの為の花?
女性の心境を上手く詠んだ一句(*^-^*)
八重の中で一重が目立つ駒繋(こまつなぎ)