大和文華館は昭和35年11月に、近畿日本鉄道株式会社の
創立50周年記念事業の一つとして、奈良市学園南の蛙股池
(かえるまたいけ)の畔の丘陵地に建設・開館され、国宝4件、
重要文化財31件など、東洋美術の名品を収集している。
 建物は日本的な建築様式で土蔵や城郭をイメージした海鼠
(なまこ)壁に虫籠窓、内部は中央に吹き抜けの空間があり、
竹の緑で気持ちが和む。
 又美術館の周囲は自然に恵まれ、自然の美と人が作りだす
美が上手く調和して(文華苑)、素晴らしい景観を作っている。
                   
 (大和文華館の栞など参考にしました)
大和文華館(やまとぶんかかん)
  (奈良市学園南)
☆ 大和文華館の梅
四季折々の花が咲く美術館の
庭(文華苑)で、70種130本程
の梅の花が咲き誇る。
BACK
駐車場から見える紅梅
七種類の梅が接木された「七福神の梅」
接木のもとは迷路のよう!(マウスポインタを置くと、接木の
名前が表示されます)
三色の梅が接木された「三彩の梅」
四種類の梅が接木された「幸せ(四合わせ)の梅」
なまこ壁の美術館をバックに咲く梅
枝垂れ梅も満開でいい香りが漂う梅林
☆その他の花
清楚な椿
寒アヤメ(マウスポインタを置くと、花の拡大画像が表示されます)
ミツマタ(ジンチョウゲ科)
枝先が3つに分かれ、和紙の原料となる。
館内から見た蛙股池(かえるまたいけ)
文華ホール(マウスポインタを置くと、文華ホールの説明が表示
されます)
元気を与えてくれるタンポポ
ヤブ椿の赤と梅のピンクのコントラストがきれい♪
椿も自分の存在を主張しているよう・・・
ほぼ満開の白梅