采女祭(うねめまつり)
                               中秋の名月の9月14日
                    奈良・猿沢池のほとりの采女神社では采女祭が行われました。
              午後5時から 秋の七草で飾られた2メートル余りもある花扇(はなおうぎ)をひく稚児や
            美しい十二単衣をまとった花扇使らの行列「花扇奉納行列」、午後6時からは「花扇奉納神事」
            そして 午後7時からはクライマックスの「管絃船の儀(かんげんせんのぎ)」が行われました。
   管絃船はその船首におのおの龍と鳳凰の頭が飾られた古代の船で、龍頭船(りゅうとうせん)・鷁首船(げきすせん)と呼ばれ 
  花扇使・ミスうねめ・ミス奈良などを乗せ、優雅な雅楽の調べの中 流し灯籠の間をぬって猿沢池を2周し、最後に花扇を水面に
            放ちます。王朝時代を偲ばせる幻想的な催しです。休日と重なり、多くの人で賑わいました。
           今年は午後5時前から撮影場所を確保するために猿沢池に行きましたが、周囲は見物の人達で
                     埋め尽くされ、三脚も置けない状況でした(>_<)(2008.9.14)
☆スライドショー
BACK
☆衣掛柳(きぬかけやなぎ)
采女神社から見た柳
柳から見た采女神社(赤いのが采女神社)
鳥居を背にした後ろ向きの采女神社
         猿沢池ほとりの西北の隅に、鳥居を背にした後ろ向きの采女神社(春日大社の末社)があります。
   鳥居を背にした後ろ向きの神社は日本でこの神社だけとか、采女の入水を悲しまれた帝が采女の霊を慰めるために
 池のほとりに社を建てられました。最初は池に向かって建っていましたが、采女の霊がわが身を投げた池を見るに忍びないと
       一夜にして後ろ向きになったという伝説が残されています。 また 池の東南の一角に柳の木があります。
       采女が入水する時自分の着物を掛けたといわれ、今も衣掛柳(きぬかけやなぎ)の名で知られています。