若草山・山焼き
                                       1月24日は奈良・若草山の山焼きでした。
                           毎年 遠方から山焼きの火を眺めていましたが、今年は若草山の麓で見物しました。
          春日大社の摂社・水谷神社の辺りから、松明を掲げた東大寺の僧兵数人と春日大社の神官数人が、16:45若草山山麓の野上神社に向かって出発。
          野上神社で17:15からの無事を祈る神事が済むと 山麓の大松明へと運ばれ点火、17:55に約200発の花火が打ち上げられ、18:00のラッパの合図で
         消防団員ら約300人がたいまつで枯れ草に一斉点火し、約33ヘクタールの草地はあっという間に炎に包まれました。約16万人の見物客があったそうです。
                     由来には、春日・興福寺と東大寺の領地争いで、奈良奉行が境界をあいまいにするため火を付けたとの説や
             鶯塚古墳の被葬者を供養する目的との説、害虫を焼き払い、やがて来る春の準備との説などあるようですが、はっきりとは分かっていません。
         
             遠方からでは分からない神事や荘厳な大松明、消防団の方々の火を点ける様子、ご苦労も分かり
                                               炎の乱舞を間近に見ることが出来、雪が舞う寒い日でしたが、素晴らしいひと時でした。
★山焼きの行事
BACK
★花火(スライドショー)
★鶯塚古墳
                 国指定史跡「鶯塚古墳」
       「若草山の山焼き」の由来については諸説が有りますが
  その一つに鶯塚古墳の被葬者を供養するのが目的との説もあるそうです。
   若草山の三重目頂上にある鶯塚(うぐいすづか)古墳は
前方後円墳で
埴輪も発見されています。全長103m、前方部幅50m、後円部径61mの大きさで
清少納言の「枕草子」に記されている「うぐいすのみささぎ」がこれと言われています。
        標高300m以上にある古墳としては我国でも最大級で
            仁徳天皇の皇后の墓との説もあるそうです。
山裾の野上神社の社と石荒神社の磐座
厳かな雅楽演奏
聖火を運ぶ
大松明に火が点火
シカも見物に・・・
 春日大社・大とんど
●聖火行列16:45〜〔水谷橋〜野上神社〕       
●山焼き祭典17:15〜〔野上神社〕
●花火打ち上げ17:55〜〔若草山一重目頂上〕    
●一斉点火18:00〜
見物人が集まり始める(16時過ぎ)
野上神社での神事が始まる
★燃え上がる炎
配置に着く消防団の皆さん
★山焼き後の若草山(1月25日)
今年はよく燃えました
朝方の雪が少し残っています
何だか騒がしいなぁ!
(2009.1.24  於飛火野(とびひの)
1728年(享保13年)東大寺の僧康訓によって建てられた碑「鶯陵」
頂上にある鶯塚古墳