率川神社の「三枝祭」(6月17日)
 率川(いさがわ)神社は飛鳥時代に創建された奈良市で最古の神社で、三輪の大神(おおみわ)神社の摂社。
神武天皇の皇后媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)を真ん中に左右に両親が祭られ、子を
両親が守っているように見えるところから「子守明神」とも言われる。(奈良市本子守町18番地)

 三枝祭(さいくさまつり)は、媛蹈鞴五十鈴姫命が住んでいた三輪山の麓の狭井川(さいかわ)のほとりには
ササユリが美しく咲き乱れていたという伝説から、酒樽を三輪山に咲くササユリで飾り、神殿に奉納する神事で、
「百合祭」とも言われる。三枝はササユリの茎先が3本に分かれるところから言われる。
神事のあとは、稚児、七媛女(ななおとめ)、百合姫などの行列がある。
古式ゆかしく行われる神事
☆稚児・七媛女・百合姫行列
真ん中に御子神、向かって左に御父神
右に御母神を祀っている。
BACK
ササユリを持って舞を奉納する4人の巫女さん
すべてにユリの花が描かれて・・・
☆三枝祭(百合祭)
出店も多く、たくさんの人達で
賑わう神社の入り口
  
疲れちゃった・・・(まだまだこれからだよ)
七媛女(ななおとめ)さんの行列
花車を引く子どもたち
百合姫さんの行列
率川阿波神社
率川神社の境内に祀られている
奈良最古のえびす様
 境内の万葉歌碑
 「はね蘰今する妹をうら若み
      いざ率川の音の清けさ」
最後に・・・
境内は狭く、撮影場所が限られ、デジカメでの撮影は大変でした。
雰囲気だけでも味わって頂けたら嬉しいです。(Kayoko)


☆その他
お母さんも大変!
ササユリを飾った花車
ななおとめ