率川神社三枝祭(ゆりまつり
さいくさのまつり
                    率川神社は推古天皇元年(593年)に、天皇の勅令を受けた大三輪君白堤(しらつつみ)が
                      この地に三輪の大神の御子神(みこがみ)を祀った、奈良市内で最古の神社である。
               本殿三棟には神武天皇の皇后媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)を真ん中に左右に両親が祀られ
           子を両親が守っているように見えるところから「子守明神」も言われ、子孫繁栄・安産・生育・安全の社として篤く信仰されている。
               三枝祭は6月17日に行われ、「ゆりまつり」と親しまれている。大宝元年(701)に制定の「大宝令」には既に国家の
                お祭りとして定められ、疫病を鎮めることを祈る由緒ある祭りであった。媛蹈鞴五十鈴姫命が住む三輪山の麓の
          狭井川(さいかわ)のほとりには、ササユリが美しく咲き誇ってていたという伝説(古事記)から、酒樽を三輪山に咲くササユリで飾り
                     神殿に奉納する神事である。ササユリの茎先が3本に分かれるところから三枝と言われる。
                三枝祭は平安時代には盛んに行われが、いつの間にか中絶し、それを明治14年に再興され現在に至っている。
      神前に酒樽を供え、4人の巫女がササユリをかざして「うま酒みわの舞」を奉納する姿は大変美しく、また その百合のは厄除けとして参拝者に配られる。
             境内にはササユリの香りが漂い、多くの参拝客で賑わう。神事のあとは、稚児、七媛女(ななおとめ)、百合姫などの行列がある。
いさがわ
(奈良市本子守町18)
☆神 事
BACK
☆稚児・七媛女・百合姫の行列(スライドショー)
☆大神神社
        大神神社(三輪明神)は奈良県桜井市三輪町にある日本最古の神社の一つで、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀っている。
松・杉・桧などに覆われた三輪山(467m)自体をご神体とし、本殿は無く拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して山を拝むという、原初形態の神祀りの様式がとられている。
ななおとめ
(率川神社ささゆりの会のパンフレットを参考にしました)
☆率川神社境内で
おおみわじんじゃ
大鳥居
昭和天皇行幸を記念、ご在位60年を奉祝し、建立。昭和61年竣工。
バックに大和三山が見える。
夏越し茅の輪
日々の生活の中で心身についた罪禍事を、茅の輪をくぐって祓い清め、無病息災を祈る。
まず真ん中の杉の輪、次は向かって右の松の輪、最後は左の榊の輪をくぐる。 毎年
6月30日に「夏越の大祓」の神事が行われる。
三輪山から流れ出る川・狭井川(さいかわ)のほとりには沢山のササユリが咲き誇り、媛蹈鞴五十鈴姫は7人の乙女をお供にして川のほとりを歩いていたら
そこを通りかかった神武天皇に見初められ、天皇の后になっという言い伝えがある。そこで、三枝祭では、媛蹈鞴五十鈴姫にササユリを捧げ、神事のあとは
七人の姫に扮した女性が当時の格好でユリを持って奈良市内を練り歩くとか・・・
本殿三棟
媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)を中心に、左殿には父の狭井大神(さいのおおかみ)、右殿には母の
玉櫛姫命(たまくしひめのみこと)が祀られている。
中央の媛蹈鞴五十鈴姫命の神殿
中殿の飾り
左殿の飾り
右殿の飾り
特殊神饌(とくしゅしんせん)
鯛・鰹・アワビ・イカ・かますなど生の魚介類とニンジン、ゴボウ、餅、白蒸(ごはん)・ゴマ、黒豆、枇杷などが折櫃(おりびつ)に並べられ、両端が細くなった箸が添えられている。
柏の葉で編んだ蓋をして黒木の棚にのせて供えられる。
特殊神饌を供える
酒樽にササユリを飾って供える
ササユリを持って神楽「うま酒みわの舞」を奉納する4人の巫女。頭には日陰鬘(ひかげのかずら)というシダ科の植物を巻き
長くたらした髪の上には立派な熨斗(のし)をつけている。